火刑都市

 昭和五十七年師走。四谷の雑居ビルで放火と思われる火事があり、焼け跡から若い夜勤ガードマン、土屋昌利の焼死体が発見された。出火当時、土屋は多量の睡眠薬を服用していたが、仕事仲間の話では、彼は薬には無縁のタイプだった。

 自殺とも、他殺ともつかぬ疑惑の中、土屋のアパートを捜索すると、部屋は不気味なほど整理されている。どうやら噂の婚約者が事件の日、自分が存在した証拠をすべて消して、行方をくらませたものらしい。部屋に残されていたアルバムにも女の写真はなかったが、「寒子」と書かれた白い紙きれが見つかる。これが女の名前なのか? 捜査にあたった一課殺人班の中村吉造は、「寒子」という手がかりから、大都市「東京」に消えていった「幻の女」を追う。

 苦心の末中村は、女の友人である伊比敦子から、女が土屋の元から姿を消した後、神楽坂の「布袋屋」という由緒ある呉服問屋で働いていることをつきとめる。

 即事件解決かと思われたが、女には事件当夜、伊比の友人と共に近くのスナックにいたという確かなアリバイがあった。

 翌年の正月、赤坂のホテル新東京で放火事件が起こった。現場には「東亰」と奇妙な文字の書かれた紙きれが残されていたが、それは四谷の火事も、連続放火事件のひとつであることを語っていた。

<登場人物>
土屋昌利/渡辺由紀子/伊比敦子/渡辺栄/永井富美郎/菱山源一/
中村吉造/小谷拓康

桜丸